【ご報告】地域猫の里親になりました!

超・超・超私事ですが、2020年1月4日に地域猫だった黒猫の里親になりました。

里親になるまでの経緯を記録がてらご紹介していこうと思います。

 




 

猫を保護した経緯

長くなるので、ざっくりと説明しますねー!

事の始まりは、2018年11月
アパートに子猫が2~3匹出没するようになり、アパート内の共同ゴミ捨て場を荒らしてご飯を食べるようになりました。

アパートに住んでいる面識ある子供たちには、「野良猫に餌をあげたり触ったりしたらダメだよ」と言うことと、「野良猫が人間に懐くと野良として生きていくことが難しくなる」ということを伝えました。

可愛いから、餌あげたくなるよね…気持ちはわかる…

結局、隠れて餌をあげている住人が結構いたみたいで、2019年の春には、猫たちが栄養を蓄え、気づいたら10匹近くに増えていて大変なことに…あっという間に増えてる…

この頃にはもう結構人慣れしていて、駐車場でお昼寝したり遊んでる子が2~3匹いました。

見るに見かねて、隣のお家の奥様と協力して7月にTNRをしている保護団体様にご協力をお願いし、猫の去勢に踏み切ったんです。

(その時に捕獲・去勢できたのが7~8匹・その後アパートに完全に住み着いたのが2匹)

 

 

去勢が終わって地域猫として戻ってきた猫たちは、大家さんと相談し、決まった場所でご飯やお水を上げていいことになりました。わーい!!!

やっと平和になったー!!と、喜んでいたんですよ…。本当に…。

ここまでも正直ストレスやばかったですwww

そしたら12月23日突如、管理会社から「野良猫等への餌やり禁止!猫が車を傷つけたという被害が出てる!餌をあげた人賠償責任取ってくれんの!?!? (超ざっくり)という超強気な赤字の警告文が、張り出されました…。

もうなんなの…。大家さんいいって言ったじゃん…。勘弁して…。

すぐさま管理会社と連絡をとり、経緯の説明や対応についてのクレームを入れました。

だって、聞いてくださいよ…、今いる猫、それも住人が懐かせて抱っこできるまでにした猫たちどうするんですか?って聞いたら

野っ原か山に捨てる

って、言うんですよ。ありえない。そもそも違法…。

そんなこんなで、管理会社とやりとりをしつつ、我が家のワンのかかりつけ獣医の元に相談をしに行きました。

ワンがいる中で、猫の保護は可能か、保護するならどうしたらいいかなど、一時保護する相談をして、とりあえず年明けして病院が始まる1月4日に保護して病院で病気の検査やワクチン接種、ノミダニ予防なんかをすることに。

管理会社には1月4日までは、寛大なご配慮をよろしく頼む!ってお願いと、住民には状況説明と保護してくれる又は飼ってくれるお家がないかという紙を作って配付しました。

保護する猫は人間大好き甘えん坊に育ってしまったサバ柄の子と黒猫の2匹。かわいいんだ、この子たち。

そしたら、「1匹ならぜひお迎えしたいです。」と言ってくれたお家があり、1月4日に一緒に病院にいってくれることになりました。

そして1月4日になり、2匹を無事に保護して病院に連れていき、猫白血病や猫エイズがない事がわかったので、うちで黒猫を一時保護、サバ柄の子をそのお家でお迎えすることになりました。

我が家には先住犬が、そのお家には先住猫がいたので多少の不安がありましたが、どちらもうまくやっています。

 
 

最初は犬の生活環境を変えてしまうことに対してとても葛藤があり、一時保護で1か月後に猫の2回目のワクチン終わったら里親探そうって思ってたし、そのつもりで病院にも相談していました。

でも、やっぱり一度触って家に入れちゃうと、バイバイするのが辛いなって思ってしまったことやその他色々あり、最後まで責任もって飼うことにしました。

病院に連れていくときまで、「飼えないなら触らない」という自分の中でのルールを決めていて、ずっと触らなかっただけあって、はじめて触ったら余計に可愛く思えてしまった…。

結果論ですが、先住犬も猫が来てから楽しそうだし、この決断をしてよかったなと思っています。

猫と暮らす、ましてや犬と猫の両方と暮らすのは初めてで、不安やわからないことも多いですが、二匹が最後まで幸せに寿命を全うできるように、愛情をたっぷりかけなが、生活していこうと思います!

どうぞ皆さま、人間のべに、犬のしょこら(♀)、猫のもずく(♂)をよろしくおねがいします

 




 

by
関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です