3月22日はさくらねこの日

たまさぶろう

猫が二匹いる我が家。

そのどちらもわたしの住んでいるアパートに住み着いていた元野良猫。

一度は地域猫になったものの…いろいろあり2020年の1月から家族として暮らしています。

そんな我が家の猫たちは「ノーモアアーリキャッツ」さんというTNR活動をされている団体さんに去勢をしてもらった‘さくらねこ’でもあるんです。

Twitterをみていたら本日3月22日は【さくらねこの日】ということで、ひとりでも多くの方に【さくらねこ】について知って欲しいな。と思ったので、ご紹介していきます。

 




 

3月22日はさくらねこの日

もずく

 

さくらねことは上記のツイートにもあるように「不妊・去勢手術を終えた猫の証」です。

「トラップ・ニューター・リターン(もしくはリリース)」通称「TNR」を終えた猫の証でもあり、地域猫と呼ばれる「特定の飼い主がいないものの、地域住民の認知と合意の上で共同管理されている猫」に多くみられる証でもあります。

 

どうぶつ基金が2005年から動物愛護事業の基軸として行っている「さくらねこ無料不妊手術事業」は「飼い主のいない猫」に対し「さくらねこTNR(Trap/捕獲し,Neuter/不妊去勢手術を行い,Return/元の場所に戻す,その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)」を実施することで,繁殖を防止し,「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ,「飼い主のいない猫」に関わる苦情や,殺処分の減少に寄与する活動です。

引用元:https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/story/

 

不幸な命を増やさないためでもあるTNR。

個人でも申請などをキチンと行えば、さくらねこ無料不妊手術事業のチケットで不妊や去勢を行えるそうです。(団体や行政ももちろん申請できます。)

詳しくはこちら:https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/campaign-latest/

こんなことを書いていますがわたし自身、個人でこう言った活動を行うのが難しいのが現状です。

なので、その代わりと言ってはなんですが…TNRの活動を行っていてうちの子がお世話になった「ノーモアアーリキャッツ」さんを支援したい。

そしてひとりでも多くの方に【さくらねこ】のことや保護猫・保護犬と共に暮らす楽しさや、幸せを知って欲しい。と思っています。

ライターとして「書く」を仕事にしているわたしにできること。

それはこうやってブログやnoteでさくらねこのことや、保護猫・保護犬と共に暮らす楽しさや幸せを発信していくこと。

その一環として、4月からnoteで、有料マガジン(いただいた売り上げはノーモアアーリーキャッツさんに寄付します)を始めます。

詳しくはこちら:https://note.com/beni11220414/n/n81b0a8b9b1b7

自分ではなかなか捕獲して不妊・去勢手術を行うはハードルが高い。

でもこれならわたしにでもできるし、超々々微力でも力になれる。

どうか、一匹でも多くの子がちょっとでも幸せになれます様に。と願って、わたしも自分にできることをやっていこうと思います。

 



by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です